カテゴリ:読書( 174 )
羆嵐(くまあらし) 著:吉村昭
f0083348_20151207.jpg
昼からの雨が夕方には雪に変わりました。
今年初めて見た雪(*'-'*)

ファントム・ピークスからの羆嵐。
大正4年12月北海道三毛別(さんけべつ)六線沢の集落で起きた
日本史上最大規模の獣害事件

山深い開拓村で、隣人たちが襲われているとわかっていても
どうすることもできず、恐怖に凍りつくしかない集落の人々
羆の餌場と化した六線村の実話です。

高熱隧道もそうですが、こういった普通の人々と自然の脅威
の話には嵌ります。絶対経験したくはありませんが(゚ー゚;


[PR]
by yoimachinokyaku | 2014-02-04 21:14 | 読書
ファントム・ピークス 著:北林一光
f0083348_21031635.jpg
長野県安曇野山中で次々と行方不明になる女性
当初の捜索では遭難だろうと思われていたのだが
少しずつ判明する状況に、ただならない暗雲がたちこめる。
山でいったい何が起きているのか。。。

被害が山中だけでなく、民家などにも及ぶところは怖い(゚ー゚;
山に行きたくもなり、怖くて行きたくない気持ちにもなりました。

実際に北海道で起きた事件も参考になっている(?)ようです。
f0083348_21275034.gifwikipediaの事件詳細へ飛びます。
[PR]
by yoimachinokyaku | 2014-01-31 21:32 | 読書
奇談蒐集家 著:太田忠司
f0083348_2211656.jpg

不可思議な話、求む。
新聞広告を見た人々が語る
1話完結の物語。
これこそ奇談!と喜ぶ恵美酒(えびす)と
冷静に、ストレートに分析する助手が
いい味出してます。

BARでいいお酒が飲みたくなりますね
そのうちドラマ化されそうな1冊です。
[PR]
by yoimachinokyaku | 2014-01-28 21:46 | 読書
八日目の蝉 著:角田光代
f0083348_13151383.jpg
不倫相手の赤ちゃんを誘拐してしまった女性の物語。

初めて赤ちゃんに触れてしまった時から
希和子の逃亡生活が始まります。
赤ちゃんを取り上げられないように
一緒にいるために、ただひたすら逃げ続ける希和子。
加害者の方に気持ちが入り、
最後の希和子が切なくて仕方なかったです。

この手の小説は被害者の自分探しがメインのものが
多いような気がしますが、これは逃亡中のことが
しっかり書かれているので面白かったです。


[PR]
by yoimachinokyaku | 2014-01-19 13:45 | 読書
祇園怪談 著:森山東
f0083348_20341159.jpg

祇園の老舗お茶屋に現れたひとりの少女
女将・月春は少女の才能を見抜きお茶屋に入れるのだが
徐々に起き始める不幸な出来事。
呪い...?それとも...

怪談となっているけど、生きている人間が何をしたのか
の方が怖い物語
祇園で生きる女の因果応報の怖いしさ
人を恨むという気持ちで生きるのはいやだなと思った。
[PR]
by yoimachinokyaku | 2013-05-11 20:53 | 読書
鍵のない夢を見る 著:辻村深月
f0083348_14494929.jpg

借りた本 これを読む。
人間の自意識過剰さ、図々しさが、読んでいて爽やかな気分にはなれないなぁ。。。
短編集なのでサクサク読めます。

午前中、銀行に寄ってから100円マックでのんびり読もうと思ったら、結構な行列。
外の暑さにもやられて、結局家に帰って来て読んだ。
[PR]
by yoimachinokyaku | 2012-08-15 15:18 | 読書
やなりいなり 著:畠中恵
f0083348_19285541.jpg

今回も病弱な若旦那ともののけ達に癒された(^-^ )
しゃばけシリーズの第十弾。

このシリーズ読むと自分の中の黒い部分が洗い流されるような気がするね~
[PR]
by yoimachinokyaku | 2012-04-01 19:37 | 読書
綺譚集 著:津原泰水
f0083348_2318508.jpg

タイトルに惹かれて借りてきたが、グロテスク系だった・・・
芥川賞などを受賞した本が好きな人には、おすすめかも。
私はどうも芥川系は苦手なのでこの本は忘れたい。
[PR]
by yoimachinokyaku | 2011-09-18 23:27 | 読書
雨を見たか 著:宇江佐真理
f0083348_22324133.jpg


昔に惹かれるのは何故だろう・・・
違う場所に行けば自分が変われると思う夢かな

生きる知恵を持つ髪結い伊三次と気風のいい姉さん。
別世界なのにどこか身近に感じる人柄。

今宵も伊三次が江戸の難事件を解決する。
大好きな伊三次シリーズ
[PR]
by yoimachinokyaku | 2011-08-24 22:03 | 読書
面白南極料理人 著: 西村淳
f0083348_20422749.jpg


平均気温-57℃。

ウイルスさえも生存が許されない地の果てからお送りする、

おじさん達の面白生活。

有能な人がりっぱな仕事をしているのに

何かアホに見えるのが堪らない。

猛暑におすすめの1冊。

ひとりごと・・・
[PR]
by yoimachinokyaku | 2010-09-07 20:47 | 読書



日々のことなどをのんびり更新中です。
by yoimachi_K
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30