白川郷
f0083348_2343967.jpg

“四歳の女の子が死んだ。十二月十日のことである。九ヶ月たっているのに
まだ葬っていない。医師の診断書も死体検案書も手に入れることが出来ないからだった。
子供の両親は、それを苦にして心身ともに弱りきっていた。“

f0083348_23261083.jpgf0083348_23263023.jpgf0083348_23265085.jpgf0083348_23271099.jpg







今週は夏休みをもらって、白川郷に行って来ました。
観光地化も進み、集落の感じは思ったより薄かったけれど、
合掌造りの民家と稲田がとても似合って癒される風景でした(。-_-。)
白川郷の一角に「合掌造り民家園」というのがあります。
現在白川郷と呼ばれている荻町から更に山奥に入った加須良集落が
1967年に集団離村したことを切っ掛けに、白川村が民家保存モデルを計画。
加須良集落にあった民家などを移築し、「合掌造り民家園」となりました。
本を読んだりすると、大昔のように感じますが、加須良集落が集団離村したのは、
僅か40年前。彼らの祖先は何を思いそこに根をおろしたのでしょうか。。。
そして子孫は何を思い解村したのでしょうか。。。


f0083348_206301.jpgf0083348_23313376.jpgf0083348_2042236.jpgf0083348_23322185.jpg
[PR]
by yoimachinokyaku | 2006-07-22 23:02 | 旅行
<< 永遠の仔 著:天堂荒太 残像 著:三浦綾子 >>



日々のことなどをのんびり更新中です。
by yoimachi_K
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30